検索フォーム
このブログについて

東狂マジキチランド

Author:東狂マジキチランド
TCGプレイヤー集団『東狂マジキチランド』住民の共同ブログです。
「ガチデッキ紹介」から「食わず嫌いモス考察」まで手広くカバー!
更新が遅いのがウリ!!

今日のカード
ランドの焼却者くぅ
ニコ生
twitter
FC2カウンター

--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  B!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年05月11日
映画の紹介『ダーティハリー』

ハリー5


やあみんな。ジェイです
忙しさにかまけて放棄していたこのシリーズだけど、どうやらもう少し続くようだ。
今回紹介するのは『ダーティハリー』
1971年製作のアメリカ映画だ。とても有名な作品だけど、案外「知ってるけど見たことない」って人も多いんじゃないかな。


舞台はサンフランシスコ。ある日、スコルピオ(蠍)を名乗る男が市民を射殺する事件が起きる。その後、スコルピオは殺害予告とそれを止める代償の身代金の要求を市長に突きつける。
捜査に当たるのはハリー・キャラハン刑事。皆が嫌がる汚れ仕事ばかりを引き受けることから“ダーティハリー”と呼ばれる男だ。

ハリー1


一度はスコルピオを追い詰めて逮捕したハリーだったが、強引な捜査や尋問が違法行為と見なされた結果、スコルピオはすぐに釈放されてしまう・・・

・・・・・・

今回は初心に立ち戻って魅力をシンプルに紹介!

敵は同情の余地無しのクソ野郎だ!

ハリー4


犯人はイカレた殺人鬼のスコルピオ。強姦、殺人を犯すも全く反省無し。
ありがちな同情すべき過去も無し。その上、司法の穴を利用する狡猾さまで併せ持つ救えない外道!最早誰かが直接裁くしかない!
スコルピオ役のアンディ・ロビンソンの迫真の狂人演技が素晴らしい。

44マグナムをぶっ放せ!
『ダーティーハリー』の代名詞とも言えるのが、ハリーの使う44口径のリボルバー拳銃。
劇中でかなり威力を誇張されたこともあって、本作のヒットと共に当時世界最強の拳銃として名を馳せた。

ハリー2


余談だが44マグナムを撃つシーンは派手な発射音のせいか何となくユニコーンガンダムのビームマグナムを思い出す。

ハリー6


ザ・ハードボイルド!
クリント・イーストウッド演じる主人公ハリーは肉体・精神共に頑強な典型的タフガイ。組織よりも自分のルールを優先し、正義感に忠実な刑事だ。
熱血っぽい一方で暴力を躊躇わない冷酷な部分もあり、とにかく徹底して容赦無しなやり方はまさにハードボイルド。
イーストウッドの演技や名台詞の数々を楽しむためにも、まずは字幕で見てみるのがいいかもしれない。

・・・・・・

今回の紹介はここまで!
作品の感想や当記事への苦情等はコメント欄に頼むぜ!
  B!

[ 2013/05/11 13:26 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。