検索フォーム
このブログについて

東狂マジキチランド

Author:東狂マジキチランド
TCGプレイヤー集団『東狂マジキチランド』住民の共同ブログです。
「ガチデッキ紹介」から「食わず嫌いモス考察」まで手広くカバー!
更新が遅いのがウリ!!

今日のカード
ランドの焼却者くぅ
ニコ生
twitter
FC2カウンター

--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  B!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年12月05日
Deadmanの自画自賛デッキ講座その5 『闇自然 堕天』

disorder_m-1.gif


やあ、Yoshiki the Deadmanだ。

俺は常日頃から、物事を「裏からも見る」ということを心がけている。表面をなぞっただけでは良く分からないことが沢山あるからね。カードゲームでも何でも、正確な理解をするには、色んな視点から物事を眺めてみる作業が不可欠なんだ。こういう意識があるからこそ、素晴らしいデッキが作れたり、深みのある記事や文章が書けるんだろうね。

さて、今日は皆に、そんな「裏から見た」デッキを紹介しよう。


IMG_0179.jpg

Deck No.5 『闇自然 堕天』

4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x フェアリー・ライフ
2 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
4 x ライフプラン・チャージャー
3 x 解体人形ジェニー
4 x 超次元フェアリー・ホール
4 x ウェディング・ゲート
4 x デーモン・ハンド
3 x 偽りの星夜(コードナイト) ブーケトス
2 x 偽りの星夜(コードナイト)ライス・シャワー
3 x 偽りの星夜(コードナイト) コングラチュレーション
3 x 偽りの星夜(コードナイト) ジューン・ブライド

1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 魂の大番長「四つ牙(クワトロ・ファング)」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ



そう、JJD第4回で紹介した「ヘブンズ」の裏の顔とも言えるのがこのデッキ、『闇自然 堕天』だ。

《ウェディング・ゲート》と《ヘブンズ・ゲート》は、一見似たような性能だが、その性質は実は全く違う。まずは、この点をおさらいしておこう。第一のポイントは、効果で出せる対象だ。「堕天」は《ヘブンズ・ゲート》で出せるブロッカーと比べると、小回りが利かないものの、大型かつ単体で破壊力があるクリーチャーが揃っている。要は単純に「出てくるものが強い」ということだね。第二のポイントは、文明が違うことだ(当たり前のことだが極めて重要だ)。盤面制圧力に優れる光から、やや重いカードが多いものの強力な手札破壊と除去を有する闇に変わっている。

これらから導き出した俺の結論は、『《ウェディング・ゲート》戦略を、マナ加速でバックアップする』というものだ。『堕天』は「ヘブンズ」よりも単体で繰り出したときの性能が高いし、手札破壊は先手を取ってこそ輝く能力だから、マナ加速から出すプランは非常に有効だ。これも、「ヘブンズと似てるから水で手札補充!」と決めつけずに、多角的な視点を持てる俺ならではの着想だと言えるだろうね。

しかし、闇自然というカラーリングは手札補充が薄いため、デッキが安定しないというデメリットを抱えることになるし、そもそも《ウェディング・ゲート》で出すカードが手札に溜まらないという事態が起こりうる。問題はこの点をどう解消するか、だ。

ここで普通なら、「まずデッキを完成させてから手札を浮かすプレイングを考える」となるかもしれない。しかし、忘れてもらっては困るが、俺は裏からも物事を見れる男なのだ。

即ち、このデッキは、《ライフプラン・チャージャー》や《超次元フェアリー・ホール》、《魂の大番長 「四つ牙」》を使って、マナを溜めつつ枚数的なアドバンテージを得ることで、手札からのマナチャージを極力少なくし、それによって手札を稼ぐという構造になっている。先にプレイングを発想し、それをデッキ構築に反映する。これが超一流のデッキビルディングというものだ。まさに構築術のコペルニクス的転回だね。



「光水闇ヘブンズ」のダークサイドにあたるこのデッキ。100点満点中100点は裏から見ても当然……100点満点中100点だ。構築もさることながら、堕天のイラストやフレイバーも格好良く、俺自身このデッキを非常に気に入っている。クールかつ破壊的な堕天の姿を、ぜひその目に焼き付けてほしい。

次回の更新は、おそらく「ゴールデン・ドラゴン」発売後となる。
新カードを使ったデッキを真っ先にお届けする予定なので、楽しみに待っていてくれ!
  B!

[ 2012/12/05 12:00 ] TCGデッキ デッキ:DM | TB(0) | CM(2)
黒い
[ 2012/12/06 21:41 ] [ 編集 ]
裏から見たから黒い
[ 2012/12/07 14:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。