検索フォーム
このブログについて

東狂マジキチランド

Author:東狂マジキチランド
TCGプレイヤー集団『東狂マジキチランド』住民の共同ブログです。
「ガチデッキ紹介」から「食わず嫌いモス考察」まで手広くカバー!
更新が遅いのがウリ!!

今日のカード
ランドの焼却者くぅ
ニコ生
twitter
FC2カウンター

2012年11月12日
Deadmanの自画自賛デッキ講座その2 『光自然ワイルド・ベジーズ』

disorder_m_w.gif

やあ、Yoshiki the Deadmanだ。

最近聞いた話なんだが、「デュエマで対戦すると話すよりもその人の事が良く分かる」らしい。これは確かになるほど、と思ったね。だって一度対戦したら、俺が、クールでセンスが良くて洗練されててその一方熱い面も持ってて真摯で才能豊かでバランス感覚に優れててその上遊び心に溢れた人物だってことがすぐに分かってしまうだろうからね…。

さて、前回の自画自賛デッキ講座(JJD)が好評なようで、とても嬉しい。という訳で、勢いがあるうちに早速第二回の更新だ。


IMG_0166.jpg


Deck No.2『光自然ワイルド・ベジーズ』
4 x ジオ・ナスオ
1 x ダンディ・ナスオ
4 x ビクトリー・アップル
2 x クリクリ・イガラーズ
1 x 光牙忍ハヤブサマル
3 x 剛勇妖精ピーチ・プリンセス
3 x 父なる大地
2 x 千切秘伝ワイルド・ベジタブル
4 x グレイト・カクタス
4 x 湧水の光陣
4 x バロン・ゴーヤマ
4 x 味頭領 ドン・グリル
1 x G・A・ペガサス
1 x 味頭領ドン・ドリアン
2 x 霊騎コルテオ



第二回で紹介するのは、この光自然ワイルド・ベジーズだ。「ビクトリー・ラッシュ」や「オールスター12」で大きく強化された種族だし、E2の有力デッキの一つだからきっと触った事のある読者も多いだろう。そんなデッキをなぜ今更紹介するのかって?そこには俺からのメッセージがある。

今の環境は、《勝利宣言 鬼丸「覇」》や《「祝」の頂 ウェディング》などの非常に強力な大型クリーチャーが闊歩している。これらにやられて息苦しい思いをした事がある人もいるかもしれない。しかし、たとえ相手と自分のデッキのパワーに差があったとしても、己と相手を分析すれば自然と活路は開けるものだ。たとえば、覇やウェディングを使うようなビッグマナ系デッキは、序盤の多くのターンをマナ加速に費やす。その間は基本的に無防備だから、理屈としてはその隙に速攻を仕掛ければ攻めきれるという訳だ。特にこのベジーズならば、相手の速攻対策をかわしつつ速度も十分、おまけに比較的安価で組めて動きも非常に面白いときている。まさに、ストレージに一つ忍ばせるにはこれ以上ないくらいのアンチビッグマナデッキだろう。「速攻すればビッグマナに勝てるのは分かるけど殺伐としたデッキを使うのはちょっと抵抗がある…」なんて人に、強くオススメしたいね。

つまり、一見ガチデッキに対抗するのが困難に見えるような状況でも、創意工夫を続ければ必ず乗り越えられる。このように、ただデッキを紹介するだけではなく、確固たるメッセージを発信するデッキビルダーが俺、Yoshiki the Deadmanだ。みんな覚えておいてくれ。

さて、デッキに込められたメッセージについて少し熱く語りすぎてしまったが、次はデッキの中身を見て行くことにしよう。

このデッキで秀逸なのは、相変わらずのトリガー配分などのバランスの良さもあるが、何といっても「裏の動き」をおろそかにしていない点だろう。各種ナスオ→《ビクトリー・アップル》→《バロン・ゴーヤマ》が一番強い展開パターンなのは明らかだが、これだけを意識・強調し過ぎると、ドローの質によって展開にムラが出てしまう。その点、このデッキでは、《ピーチ・プリンセス》や《湧水の光陣》を重ねて使うことによって、サブの展開パターンを複数用意し、どんなドローをしたとしても出来るだけ安定して《ドン・グリル》までの展開を行えるようにしてある。これだけでも、俺のデッキ作りのきめ細やかさが分かるはずだ。「細部に神は宿る」という言葉があるが、あれはまさにこのデッキのためにあるようなものだね。

また、このデッキの調整は、かなりの部分友人のプレイヤーの意見を参考にしているし、《ビクトリー・アップル》のフォート・E用としてとても気の利いたカードである《G・A・ペガサス》を入れるというアイデアは、ネット上で見かけたものを採用したものだ。このように、デッキ構築においては、一人で試行錯誤を繰り返す事も大切だが、他の人の意見に耳を傾けてみるのもそれ以上に重要なんだ。一緒に考えてくれる人がいれば、その分デッキの精度は更に研ぎ澄まされていく。そして、俺がいわゆる「独りよがりの天才」でないことが、このエピソードからもうかがえる。優れた意見は素直に取り入れられる男なのだ。



こうして周りの人の助けも借りて磨き上げられたこのデッキ、点数をつけるとしたらもちろん…100点満点中100点だ。ぜひ完成されたワイルド・ベジーズのシナジーの美しさ、構築の巧みさを味わってくれ。野菜だけに。


それじゃ、今回はこの辺で。
また次回、ランド速報で会おう!
  B!

[ 2012/11/12 18:00 ] TCGデッキ デッキ:DM | TB(0) | CM(2)
野菜本来の甘みがある
[ 2012/11/12 18:05 ] [ 編集 ]
いつも動画みてます!
[ 2012/11/12 18:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL