検索フォーム
このブログについて

東狂マジキチランド

Author:東狂マジキチランド
TCGプレイヤー集団『東狂マジキチランド』住民の共同ブログです。
「ガチデッキ紹介」から「食わず嫌いモス考察」まで手広くカバー!
更新が遅いのがウリ!!

今日のカード
ランドの焼却者くぅ
ニコ生
twitter
FC2カウンター

--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  B!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年05月05日
【MTG】一瞬の閃光の中で

mtg

2013年5月5日 Natsume

ドラゴンの迷路が発売されてから数日、多くのプレイヤーがデッキ構築に頭を悩ませていると思います。
《ヴィズコーパの血男爵》はどんなデッキに入れるのが一番良いか・・・、《復活の声》をデッキに入れるなら他にどのようなカードを入れると良いのか、または《迷路の終わり》による勝利を目指す方もいらっしゃると思います。

さて当記事ではドラゴンの迷路で多くの有力カードを入手した『トリコフラッシュ』を、実際にカードを使った感想を交えながら紹介していきたいと思います。デッキの殆どのカードが相手ターン中に唱える事が出来るものであり、隙の無いデッキになっています。強さについても折り紙付きで、WMCQ 2013/プロツアー予選大阪の決勝に残ったのはどちらもこのデッキタイプでした。


トリコフラッシュ(サンプル)/スタンダード

4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain
4:《蒸気孔/Steam Vents
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat
2:《島/island
1 《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt

-土地(25)-

3:《ボーラスの占い師/Augur of Bolas
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
4:《修復の天使/Restoration Angel
2:《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader

-クリーチャー(12)-
1:《電謀/Electrickery
2:《灼熱の槍/Searing Spear
1:《雲散霧消/Dissipate
2:《静寂宣告/Render Silent
3:《アゾリウスの魔除け/Azorius Charm
3:《熟慮/Think Twice
3:《変化+点火/Turn+Burn
3:《至高の評決/Supreme Verdict
2:《戦導者のらせん/Warleader's Helix
3:《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation

-呪文(23)-


それでは新しく加わったカードを見ていきましょう。


《静寂宣告》
20130422_cd690f.jpg

《静寂宣告》は相手のカードをカウンターしつつ、そのターン対戦相手が呪文を唱える事を禁止します。相手が「カウンターを使わせたい」等の理由で唱えた本命でないカードを弾きつつ、握っているであろう本命カードすらも封じられるのは素晴らしい物でした。相手の展開も同様に防げます。一方で《未練ある魂》や《屈葬の儀式》等のカードは1度鹿止める事が出来ない為、《雲散霧消》との使い分けは必要だと思われます。


《戦導者のらせん》
20130422_69202f.jpg

《戦導者のらせん》は強力インスタント《稲妻のらせん》の上位種です。4マナは少し重いかなー、と思いましたが4点火力は殆ど大体のカードを除去する事の出来る火力であり、プレイヤーにも叩きこめるので《ボロスの魔除け》が多くのプレインズウォーカーに対して有効札になるように《戦導者のらせん》も《ヴェールのリリアナ》や《ドムリ・ラーデ》を倒してくれるでしょう。4点の回復量も十分な数値です。《スフィンクスの啓示》をX=4で唱えられた時のライフ回復を思い出して頂ければその強力さが実感出来ると思います。


《変化+点火》
20130422_5cad0d.jpg

《変化+点火》は2種の効果を持つカードです、そのどちらも最高の働きをしてくれます。《変化》を唱えれば相手の《雷口のヘルカイト》や《ゴーア族の暴行者》で湧血された《火打ち蹄の猪》を完全に無力化して《ボーラスの占い師》等で一方的に倒すことが出来ますし、融合させた状態で《変化+点火》として唱えればトリコデッキが苦手としている《幽霊議員オブゼダート》も除去出来ます。《点火》単体でも、最近ジャンドアグロで採用されていることが多い《死儀礼のシャーマン》や《実験体》も早い段階で触る事が出来るので「無駄のない1枚」として活躍してくれる事間違い無しです。

ただ、これ1枚では《ファルケンラスの貴種》を倒す事が出来ないのは頭の片隅に入れておいて損は無いと思います。《ファルケンラスの貴種》のテキストによって得る『破壊されない』は能力では無く、そのパーマネントの特性を述べているからです。


■惜しくもメインボードには採用されなかったカード達
《ラル・ザレッグ》
20130422_c5eeeb.jpg

今回は残念ながらリストからは落ちてしまいましたが、「構築と綺麗に噛まないから」と言う理由であり「弱いから」と言う理由ではありません。-2能力の3点火力が強力なのは言うまでも有りませんが、+1能力も思ったより強かったと言うのが感想です。ぱっと思いつく使い方は相手のクリーチャーをタップしたり火力で除去をしたりしながら《聖トラフトの霊》の攻撃を通すような物でしたが、自分の土地をアンタップさせ《送還》を構えたり、1ターン場に残す事が出来れば次のターンには《戦導者オレリア》をプレイする事も出来るのでカウンターが無いデッキだと《聖トラフトの霊》+《戦導者オレリア》で20点削られてしまう事もしばしば。


《ドラゴン化》
20130422_ac23f7.jpg

自分のクリーチャー1体を4/4の飛行持ちドラゴンに、超過コストを支払えば全ての生き物がドラゴンに。これも《聖トラフトの霊》との相性が良いかなーと思いきや呪禁が無くなってしまう為に採用出来ませんでした。修復の天使を一方的に倒せるのは素晴らしいのですが、「このカードを使いたいタイミングはいつ?」と考えた時に明確な答えが出せませんでした。


《捕獲+放流》
20130422_243bf4_20130505135104.jpg

《放流》の方は6マナ払っているのに勝ちに直接繋がらない、と言う印象を受けました。《捕獲》の方は数多くの《士気溢れる徴集兵》が相手のプレインズウォーカーを奪い、奥義を発動したような使い方が出来るのですが他のカードを優先した形になりました。「一発逆転」の状況にならないように努めるべきですね。


《ギルドとの縁切り》
ギル円

《幽霊議員オブゼダート》や《ファルケンラスの貴種》等の除去の通しにくい生き物に。事前に他のマルチカラーのクリーチャーを除去しておけば確定除去になります。マルチカラーのプレインズウォーカーも除去できる点も要注目。


《摩耗+損耗》
20130422_2f6a75.jpg

サイドボードに入れられる為に生れたようなカード。アーティファクト破壊はぱっと思いつく限り《ニンの杖》や《魔女封じの宝珠》等、エンチャントは《軍勢の集結》や《怨恨》その他色々。
《聖トラフトの霊》や《ボロスの反攻者》等は、カードを構えておきたいタイミングで3マナタップアウトするのはなぁ…と感じたので採用していません。《ボロスの反攻者》に関しては余りにも意識され過ぎているので対策札として機能していないような状況が何度もありました。勿論強力なカードではあるのですが。

メインボードの《電謀》はスピリットトークンや《軍勢の集結》から出てくる兵士トークンを薙ぎ払ったり、ドランリアニのマナクリーチャーや、これからラクドスアグロ系のデッキで使われるであろう《とげの道化》等を除去出来るので採用してありますが、この枠は自由に使える枠だと思っています。


それではまた次の機会に。

(当連載はmtg日本公式サイトの記事をモチーフにしています。)

  B!

[ 2013/05/05 22:00 ] TCGデッキ デッキ:MTG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。